×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



BK幕間 『フジの花サキ、そのハルカ遠くへ』

第4話




「あの藤咲って人はもしかして……」


「どうやら向こうの話しぶりを聞いているとそうみたいです」


「なるほど。あやめが最も得意で最も苦手なタイプってことか……」


「そうみたいです。まぁ……あやめさんはかなり特殊な人ですしね」


「そう言われるとそうだよな……まったく末恐ろしいと言うか」


今、あやめと遙の勝負が始まる前に祐一と佐祐理はそんな話をしていた。



















「それじゃあ準備はいい?」


祐李は二人の顔を見合わせた。


わたくしはいいです」


「…………」


「あやめちゃん?」


「……あ、はい。準備はオッケーです」


「……それでは、はじめっ!!」


「――――っ!!」


祐李の開始の合図と同時にあやめは大きく後ろに跳躍した。


一旦距離を多く取り、そして相手の出方を伺うようにその距離を保った。


「姉さんの女の勘通りの展開ですか?」


秋子が祐李に尋ねる。


「まねー。まぁあやめちゃんは単純って言うか純粋だからこの状況は勘と言うよりは予想の範疇って所かしら」


「てめぇ人の娘をなんだと思ってんだ?」


口調は少し荒いが、顔を見る限りは戒は呆れたような物言いだった。


「でも確かに今までのあやめさんの戦い方じゃないみたいですね」


「普通は相手の能力が未知で、しかも相手が武器を使ってくるとなったら距離を取りたくなるのは当然よ。だけど――――」


と、祐李はそこで意味ありげに言葉を切り、あやめと遙のほうに目をやった。


















「……あやめは最大の好機を逃したな」


試合が始まり、距離を取ったあやめを見て祐一はそう呟いた。


「――――え?」


「もしも相手が”そういう”相手ならあやめはいつも通り試合開始早々に距離を詰めるべきだ」


「なるほどー。でもあやめはさんは相手がそういう人ってことを知らないわけですし……」


「まぁ、それはそうなんだが……。アイツいつもならお構い無しに距離を詰めるくせに今日に限って……」


「でも普通は相手が未知で武器を使うって言われたらああしませんか?」


「間違いなく俺でもそうする。……ったく母さんめ相変わらず人の扱い方が巧いな」


祐一は面白くなさそうに舌打ちをした。


「しかし――――」


「どうかしたんですか?」


「パッと見には武器を持っているようには見えないんだが……」


そう言って祐一と佐祐理は戦局を見つめる。























「…………」


試合が始まりあやめは未だ距離を保ったまま動こうとしない。


相手がどう出てくるか、どの程度の実力か知りたいのが本音だ。


そのあやめだが、こうして試合と言う独特の緊張感の中で相手と対峙して一つだけわかったことがある。


(…………どこが非戦闘員なのよ。このプレッシャーてんで素人のものなんかじゃないじゃない)


言ってみれば隙があまりにも無い。


最初こそ距離を取ったあやめだが、本当はすぐに攻めに入るつもりだった。


だが、一度距離を置いて相手をよく見てしまったためそれが出来ないでいる、と言うのが真実だ。


いたって相手の仕草は自然体、あやめの構えと比べ柔らかい印象を受ける。


だが、先ほども述べたように隙があまりにも無さ過ぎる。


あやめと違い、流動的に構えを流しつつ足を動かす。


流れるようなその仕草は気を抜くと目を奪われそうになるほど優雅。


(踏み込みたいけど、踏み込めない……)


あやめはまだ初撃を打ち合わせたわけではないのに大量の汗をかいていた。


今まであやめはどんな相手であろうと踏み込んできた。


実力だけなら今年BKに輝いた倉田佐祐理にも引けを取らない川澄舞相手でさえも、臆さずに踏み込んでいった。


彼女は怖いもの知らず、と言うわけでは決して無い。


彼女はいつも踏み込む恐怖心と共にそれに対する絶対の自信を同居させながら戦っていた。


だが、今はどうだ。


踏み込みに絶対の自信を持った彼女でさえ、踏み込めないのは紛れもない事実。


(なんだって言うのよあの女っ!)


微かに足が震える。


(踏み込める、あたしは踏み込める……)


そして自分に言い聞かせるように暗示をかける。


(そして何より――――)


もう足は震えていない、相手のプレッシャーに押されなどしない。


強い眼差しを持って相手を睨む。


「あたしが勝つには踏み込むしかないんだからっ!!」























「………………」


ようやくにして距離を詰めだしたあやめを遙はじっくりと見ていた。


(スピードは悪くはない……が、甘い)


そうして徐に纏っていたコートのようなものの中に手を突っ込んだ。


「――はっ!」


バックステップを踏むのと同時に右手、そして左手と言う順に腕を払った。


「――――!?」


あやめは自分目掛けて飛んでくるそれに気付くと右足で強く地を蹴り、それをかわす。


そして眼球だけを動かすようにそれを視界に入れる。


当然足は止めたりしない。


(…………針?)


先ほどまであやめがいた場所には針のようなものが三本ずつの塊で二箇所刺さっていた。


しかし針と言うには少しばかり大きさが異なる。


「……っ!!」


少しあやめがその針のようなものに気を取られている間に遙からの第二撃がとんできた。


今度はそれをバックステップであやめはかわす。


「――――ちっ!!」


あやめは大きく舌打ちをした。


一直線に遙と距離を縮めようにもそう簡単にそれをさしてはくれない。


「だったらっ!」


今度は横に大きく動きながら遙との距離を縮めようと試みる。


それに対する遙はその場から動かず、相変わらず流動的に体を動かしあやめの動きに対応していた。





















そんな攻防が数分続いた。


既に天王寺家の地に突き刺さっている針のようなものの数は数十に達する。


そして未だに天王寺あやめと藤咲遙との距離は縮まっていなかった。


「ほえー、あの針みたいなの何本あるんでしょうか?」


「さぁ……それにしても”刺針”を武器にするとはなぁ」


「祐一さんあの針みたいなの知ってるんですか?」


「まぁね。あれって医療道具だとばかり思ってたんだけど」


「なるほど、医者ならではの戦い方ってことですね」


「にしては戦い方が巧すぎると思うんだけど」


そう言って祐一は眉をひそめる。


この数分、あやめが距離を詰めようとして遙との距離が少し縮まると遙が刺針を飛ばす。


そしてあやめがそれをかわすたびに少し距離が開き、また同じことの繰り返しが続いていた。


「そうですね、あのあやめさんを全く近寄らせないなんて……」


言ってみればあやめはそれにかけては天性のものがある。


「なんか面白くないな…………」


祐一は不機嫌にそう言う。


「あははー、祐一さんあやめさんが苦しんでるから面白くないんですね?」


「……っ、そ、そういうわけじゃないさ」


そういう祐一の顔は少し赤い。


「たださ……堅実な戦い方なのは認めるけど、こう勝負に徹しすぎと言うか、何と言うか」


説明しづらいけどさ、と祐一は付け足した。


「確かにそうですねー。それにあの人、どうやって勝つつもりなんでしょうか?」


佐祐理は首をかしげた。


佐祐理の言うのも最もだった。


先程からあやめが距離を詰め、それを遠ざけるという小競り合いが続くだけでダメージそのものはない。


若干あやめが体力面で削られるものがある、と言う程度である。


「まさかあやめのスタミナ切れを狙うわけじゃあるまいし……」


「分かりませんよ? 体力の落ちたあやめさんを狙う作戦かもしれませんし」


「どっちにせよ…………」


「?」


「……このままで終わるあやめじゃない」


祐一は力強くそう呟いた。
















「はぁはぁ……鬱陶しいわね」


先程まで動き続けていたあやめだが、これまではじり貧になると思い再び距離を取り体力の回復を図った。


体力を回復する間に攻めてくるかと思っていたが遙のほうも自分から攻め入る様子は無い。


「……ったくどういうつもりなのかしら?」


弾む息を整えながらあやめは遙のほうを見る。


二人の間にはあちこち刺針が突き刺さっている。


どこにそれだけ持ち合わせているのか、それともそれを具現する能力なのか。


(具現する能力ってわけじゃないか……、突き刺さったままにする意味が無いもの)


それにしても、とあやめは仕切りなおす。


(……どうにもあんまり戦闘意欲を感じないのは何故?)


確かに彼女の距離の取り方と言うのは一級品だと思うし、実力がかなりあるというのも理解できた。


独特のオーラはあるし、強いと正直に言える。


だが、遙には決定的に攻めと言う感情に乏しい。


的確にあやめの体を狙って放たれている刺針もあくまで牽制。


「まぁ……そんなことどうだっていいわ」


息が整ったあやめは足に力を込める。


そして遙との戦いの間を計り、地を蹴る。


「――――虎穴に入らずんば虎子を得ず、よっ!!」


再び、一直線に遙との距離を詰めた。